北海道お土産レポ! – 足寄町 あしょろチーズ工房 大(ハードタイプ)

お土産全部食う!
足寄町 あしょろチーズ工房 大1
足寄町 あしょろチーズ工房 大2
IMG_20200724_162942
IMG_20200724_163844
previous arrow
next arrow
IMG_20200724_162942
IMG_20200724_163844
previous arrow
next arrow
食べたよ

今回購入したのは「あしょろチーズ工房」さんの

「大」(だい)

4ヶ月以上熟成させたハードタイプのチーズで、
” JAPAN CHEESE AWARDS 2018 ” ブロンズ賞の受賞歴もある実力派!

他にもシリーズ商品があり、

・結(セミハードタイプ)
・熟モッツァレラ「ころ」
・フロマージュ・ブラン(業務用)

など様々な種類がラインナップ。

こだわりは、
足寄町ならではの生乳を原料に使用している点。

放牧酪農(ほうぼくらくのう)という方式で、
のびのび大事に飼育された牛から搾った牛乳を低温殺菌したもの。

牛本来の活き活きしたお乳の味が際立ちます。

放牧酪農とは・・

その名の通り
「牛などの草食家畜を、草地に放牧しながら育てる方法」

なんてことないように思われますが、
この放牧酪農によって、牛 ↔ 土 ↔ 草 の自然な循環が生まれます。


草を食べれば、牛乳を出し、お肉にもなってくれます。


ふん尿が土壌にとって良い肥料に。


豊かな土壌から養分たっぷりの牧草が生えます。

牛が存在することで、
その土地に食料を生み出す生態系が生まれ牧草地も持続。

自然で理にかなった方法に見えるのですが、
生産効率の都合上、
北海道でも採用されているのは1割以下とのこと。

かつては、ほとんどの農家が放牧を採用していたそうですが
「一頭当たりの乳量を最大にする」
ことが目的の人間社会の都合で廃れていったそうです。

それではいただきます! (._.)

濃厚で、うんマっっ!!!

ガッシリとして
口の中ではポロポロの食感!

組織の密度が高く、かけらになってもなお、
旨味が目いっぱい凝縮されています!

かといって必要以上に脳を揺さぶるような
アグレッシブな旨味ではなく、

健康な牛乳の栄養成分を感じられるような
自然なタンパク感のある清々しい旨味!

熟成期間が長めのハードタイプ。

出だしの生乳の良さが時間と共に
発酵パワーで大きな差となって表れたような感覚です

今回ご紹介したのは、
JA直営の「あしょろチーズ工房」さん。

他にも足寄町を代表する
「ありがとう牧場」さんをはじめ、

町全体が放牧酪農を大切に考えて行っている地域。

なんと「ありがとう牧場」さんの生乳を使用した
「しあわせチーズ工房」さんのチーズは
ジャパンチーズアワード2020グランプリを受賞!

すごい!!足寄町のチーズ、レベル高すぎ!

これらの意味するところは、、

足寄町の目指す酪農スタイルが、
チーズや乳製品をさらにおいしくするのは当然のこと、
私たちが喜ぶだけでなく、牛、社会全体、地球、
丸ごとひっくるめて価値がある取り組みだという裏付けであり、
それを時代が理解してきた証拠だと思います。

新しい流れを作るのは
果てしない大空と、広い大地のその中から!

JAあしょろチーズ工房さんHP : https://www.jaasyoro.jp/products/dairy.php

しあわせチーズ工房さんHP:https://www.shiawasecheese.com/