初めてのYouTube投稿 | スマホで撮影した動画をアップロードする方法

YouTubeの始め方

これからYoutubeに投稿したいけど、

どうしたらいいかわからない、調べても分かりづらい、難しそう。

知識0の人も対象に丁寧に動画のアップロード手順を解説していきます。

 

動画をアップロードするには

チャンネル開設が必要なので、まだの方はこちらを参考にしてください。

チャンネルを開設しよう! ブランドアカウントとは?
ブランドアカウントを用いてチャンネル開設する方法と手順の説明。ブランドアカウントは簡単に言えばお店の名前です。ラーメン屋を経営する場合、お店の名前を自分の本名にする必要はありません。YouTubeチャンネルも同じく本名で運営する必要はありません。その仕組みがブランドアカウントです。

 

YouTubeアプリも必要なのでお持ちでない方はこちらからどうぞ。

Get it on Google PlayApp Storeからダウンロード

スマホから動画を投稿する手順

 

事前にWifiなどの通信環境を確認してください

 

カメラマークをタップします。

次に撮影済みの動画をクリックします。

動画の情報を入力します。

公開範囲のレベルを選びます

音楽を挿入したり、映像効果を追加することも可能です。

   

 

以下はアップロード完了後の画面になります。矢印のボタンで動画の設定ができます。

   

 

限定公開にしたり、タグをつけることができます。

限定公開にすれば、リンクを共有する人だけが見ることができるようになります

    

慣れればとても簡単にできます!

 

動画でご覧になりたい方は↓をどうぞ。

スマホからyoutube(ユーチューブ)に動画を投稿する手順

パソコンから投稿する

 

スマホ版のYouTubeアプリだと、どうしても簡易的な機能しかついていないため

今後しっかりと動画投稿していく場合はパソコンからの投稿が基本になります。

 

投稿の方法はスマホとほとんど変わりません。

 

 

 

 

これだけでOKです。

 

そもそもスマホからパソコンに動画を移すのはどうやるの?

 

ところで、スマホで撮影した動画

パソコンに送る方法がわからない方もいると思います。

 

その場合はアップロード画面右側にある

「Googleフォトから動画をインポート」を利用すると便利です。

 

Googleフォトを使う

 

グーグルアカウントがあれば様々なグーグルのサービスを利用できます。

 

その一つがGoogleフォトです。

 

Googleフォトを使えば

スマホで撮った動画や写真をパソコンで共有できるようになります

 

やり方は簡単です。

スマホにGoogleフォトのアプリを入れます。
Google Play で手に入れようApp Storeからダウンロード

 

スマホのGoogleフォトを開き

以下の手順でバックアップと同期を有効にします。

 

 

      

 

 

十分な通信環境があれば、

スマホ内の写真や動画を自動でパソコンと共有してくれます。

 

この共有された動画を今度はパソコンで利用することになります。

 

「Googleフォトから動画をインポート」して投稿する

 

スマホで撮った動画をパソコンからアップロードする場合に非常に便利です。

 

 

Googleフォトにスマホの動画が共有されているのがわかります。

 

 

動画を選択すればそのままユーチューブにアップロードされます。

 

動画の基本情報の設定

 

アップロードは基本情報を設定して完了を押せば終わりです。

 

 

大まかに基本情報で設定する項目は次に分けられます。

1.動画のタイトル説明とタグ欄

2.公開範囲の設定

3.サムネイルの設定

スマホと違うのはサムネイルの設定ができることですね。

 

ただ、サムネイルも自動で生成してくれるので

必須なのはタイトルと公開範囲の設定だけです。

 

動画のその他の設定 | 翻訳、詳細設定

 

「翻訳」は読んで字のごとく翻訳に関する設定なので

アップロード時に設定が必要な人は少ないと思います。

 

なのでとりあえず放っておいても大丈夫です。

 

「詳細設定」は動画ごとの詳細な設定を行います。

 

右上の

「カテゴリ」「動画の言語」「録画日」くらいしか設定するところがなく

後からでも変更可能なため、大体デフォルトのまま放置しても大丈夫なのですが、

 

「この動画だけ特別にコメントを表示させたくない」とか

「この動画だけ年齢制限を設けたい」とか

 

そういう意図がある動画に関しては、ここで設定しておく必要があります。

 

設定できるのは

  • コメントの許可 / 不許可
  • いいね、BADの数を表示 / 非表示
  • 著作権を完全フリーにするかどうか
  • 他の人に動画のブログに動画を張られてもいいか
  • 年齢制限をかけるかどうか
  • 過去〇日間に何人に見られているかなどの統計情報を表示してもいいか
  • 宣伝動画であること申告するかどうか

です。

 

動画の管理は YouTube Studio に移行中

 

Youtubeは現在、YouTube Studioという管理画面を作り上げています。

 

 

今後、動画の管理、設定はすべてYouTube Studioでできるようになり、

後からでもすべての項目が変更可能です。

 

アップロード時の設定に神経質になるよりは、

YouTube Studio の設定画面で設定に慣れていく方がいいかもしれません。

 

著作権に気を付けよう

 

例え面白い動画であっても著作権に違反する動画は

削除の対象であるどころか、法的にアウトになります

 

音楽や肖像権など著作権侵害の可能性のあるものはアップロードしないようにしましょう。

 

まとめ

 

スマホで撮影した動画はスマホからそのまま手軽にアップロードできます。

 

しっかりと動画管理をする場合はパソコンからのアップロードがお勧めです。

 

カメラアプリやGoogleフォトなど、

各種アプリを用いることで、さらに効率良く動画の投稿が行えます。

 

著作権違反しないという最低限のマナーを守れば誰でも簡単に動画の発信ができます!

 

よければ私のチャンネルにも寄ってってくださいね

  Twitter @ChuDooon10068

コメント