小樽・扉をくぐれば小さなドイツ!運河沿いで絶品クラフトビールを堪能【小樽倉庫No.1】

北海道を観光!

 

旅の魅力、その一つに「昼間から外で飲むビール」

を挙げるのは私だけでしょうか。。

 

さらに、問題はそれをどこで飲むのか。

 

 

レトロな街並みが特徴的な小樽。

運河に立ち並ぶ倉庫群はそのシンボルでもあります。

 

これらの倉庫には飲食店が入っていて、

その一つに、本格的なドイツビールを味わえる「小樽ビール 小樽倉庫No.1」があります。

 

「運河に面した倉庫」という

超絶オシャンティなロケーションで飲むビールは格別に違いありません。

 

ビール自体が、やたらとうまい

 

景勝地で飲むビール。景色や雰囲気の良さが、ビールの味を引き立てるため、

ビール自体は普通の味だとしても・・・・・、とてもおいしく飲めますよね。

 

そうそう、小樽運河を見ながら飲むビールは、味はそこそこでも、

景色や雰囲気がいいから観光地クオリティということで・・・

 

と思ったら、ビール自体がやたらと旨い!という緊急事態発生です。

 

 

小樽ビールには代表的な3つの種類があります。

画像の左から

ピルスナー

アロマホップがふんだんに使われ、黄金色に輝くALC. 4.9%の軽やかなビール。

ドンケル

褐色で、豊かな香り、クリーミーな泡立ちとカラメルフレーバーが特徴のALC. 5.2%。

ヴァイス

別名バナナビール、フルーティーな味わいと1.5倍の炭酸ガスで刺激強めのALC. 5.4%

 

 

そのなかから、今回は、ドンケルという褐色のビールを注文。

▲ S(470円)、 M(610円)、 L(1200円)  ↑はMサイズ。

さすが海外サイズのボリューム。コスパ抜群!Mで大満足のレベルです。

 

さっそく、飲んでみたところ、、

 

 

 

汚いオッサンなのはご容赦ください

カラメルフレーバーでコクと甘味の絶妙なバランスが最高です。

 

味をたとえるなら、

彼なりに精一杯、伝えようとしています。。。

味の想像の参考にしていただければ幸いです。甘味があってすごくおいしいです!

 

なぜこんなにおいしいんでしょうか。その秘密に迫ってみましょう!

 

ビールの責任者は本場ドイツのスペシャリスト

 

ブラウエンジニアという資格をご存知でしょうか?

本場ドイツではビール製造の国家資格があります。

 

 

 

なかでもブラウエンジニアという最上位資格は、4年近くの専門的なカリキュラムを経て、

ビールの醸造、ビール工場の設計、ビールのマーケティングまで学び、

ようやくなることができるビール界のエリート中のエリートです。

 

そのブラウエンジニアである

ヨハネス・ブラウン氏が小樽倉庫No.1のビールを統括しています。

 

 

 

「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」

という「ビール純粋令」* を守った本場の厳格なやり方で伝統をの味を再現してくれています。

 

 

ベッカムが小樽でサッカー教室をやっているような感じでしょうかw。

そりゃー、おいしいわけです。

 

※ビール純粋令::1516年4月23日にバイエルン公ヴィルヘルム4世が制定した法。

食品に関する世界最古の法で、破るとビール樽没収などの罰則もあったほどです。

 

そのほかにも、お酒が飲めない方でも絶賛するという

『ヒムベーアビール(\470)』という木苺(キイチゴ)のビールなどが人気です。

 引用 小樽倉庫No.1 様HP

ドイツでは女性に人気で500年もの間ファンを魅了し続けたそうですよ。

 

ドリンクメニュー – Otaru Beer

 

おいしさの秘密をさらに詳しく!醸造所の無料見学!

 

店内はビールの醸造所になっていて、実際に稼働しています。

醸造所に飲みスペースを作ったという感じですね。

 

こちらは、随時見学可能で、自由に施設を覗いていいのですが、

時間区切りで、20分程度の店員さんのガイド付きで見学できます。

 

ガイド付きの見学内容としては、

  1. ビール醸造に使用される本物の麦芽の試食
  2. 仕込釜の中を覗く
  3. ラガールームへの入室
  4. 発酵タンクの中を覗く
  5. まだ発酵する前の麦汁を試飲

 

 

おいしさの秘密を、包み隠さず見せていただけます。

 

熱したり、冷やしたり、

おいしいビールを作るのは本当に手間がかかるんですね。

 

ビール用の麦芽の試食や、発酵前の麦汁の試飲など

めったにできない貴重な体験もできるので、ビール好きなら一度は見学しておきたいところです。

 

異国情緒あふれる店内は雰囲気もバッチリ!

 

観光でビールを楽しむもう一つの大事な要素、「雰囲気」もバッチリです!

 

店内は本場ドイツビアパブのような異国情緒にあふれています。

 

訪問時は、小樽「ゆき物語」開催中で運河は1万個の青のイルミネーションが輝いていました。

運河を眺められる席は大人気です。

 

とても広く、2階もあるので、予約なしでもいつでも入れそうです。

 

夏なんかは、外のテラスでビールを飲んだら気持よさそうですよ~!

小樽に来たぁぁ!って感じを、しみじみと満喫できるのではないでしょうか!

 

こんな使い方はいかが? 小樽観光の強い味方!

 

営業時間は11~23時なので、

あちこち観光するうちにランチを逃した方、夜遅くなってしまった方など

いつでも気軽に本格的なビールと料理を楽しめるので、とても便利です。

 

他にもこんな使い方はいかがでしょうか?

運河クルーズの出航前に一杯

小樽観光の新定番に小樽運河クルーズがあります。

 

クルーズの出航前に一杯!

そして心地よい風にあたりながら運河を一周する。なんていうのもいいですね!

小樽観光|運河観光の新定番はコレ!小樽運河クルーズ
かつては街の雰囲気を感じながら、運河沿いをゆっくり歩いて散策するのが定番。運河を水上ボートで巡りたい!そんな希望にこたえてくれるのが「小樽運河クルーズ」です!運行状況や料金など詳細は運河クルーズさん...

木曜日、土曜日はプロスト!の日

プロストとはドイツ語で「乾杯」という意味です。

 

なんと木曜日、土曜日は3時間2200円でビールが飲み放題になります。

こちらは、予約不要で当日飛び込みOKです。

 

旅先でゆっくり、たっぷり小樽ビールを堪能したい方にはおオススメです!

ガッツリ観光した後、一日の〆にもよさそうです。

店内はカジュアルな雰囲気ですから、旅人同士、ビール好き同士で、

コミュニケーションが生まれて人と人がつながる場としても最高です。

 

イベントカレンダーがありますので参考にしてみてくださいね。

小樽ビール銭函醸造所

 

おまけ。本場ドイツのビールを飲む裏技。

 

自分で書いていて、小樽ビールが飲みたくなってまいりました。。

 

札幌市内には LEIBSPEISE(ライプシュパイゼ)という直営店があるので、

こちらで小樽ビールを楽しむことができます。

 

もちろん、楽天アマゾンなどの通販でも購入可能です。

 

ですが、もっと手軽に、皆さんの家の近くでもヨハネスブラウン氏が手掛ける

「純粋令な」本場ドイツビールを飲む裏技があります。

 

 

びっくりドンキー」は皆さんの家の近くにはありますか?

 

 

実は、小樽倉庫No.1はびっくりドンキーの会社が経営しています。

「ドンキーオーガニックビール」は小樽発で全国のびっくりドンキーに届けられます。

 

ドイツの伝統技術の片鱗が見られるビールを、ご近所で、

おいしいハンバーグと一緒に試してみてはいかがでしょうか。

 

そして、北海道を訪れた際は、

ビールめぐりの一つとして、ぜひ小樽ビールも飲んでみてください!

 

 

それでは、失礼して、飲みに行ってまいります ε=ε=ε=┌( ´゚ェ゚)┘

 

 

小樽ビール 小樽倉庫No.1

TEL:0134-21-2323

住所:小樽市港町5-4

営業時間:11:00-23:00【年中無休】
(季節やイベントにより時間が変動になる場合あり)