定山渓周辺おすすめスポット&温泉旅館 | Jo-Zankei, Famous Hot Spring Area in Sapporo. Hotel & Spot Recommendations!

北海道観光ルートマップ

定山渓周辺おすすめスポット

日帰り観光した際に、作成してみましたのでご活用いただければ幸いです。

クリックで Google MyMaps に移動します。Click Image ⇒ Google MyMaps.

この場で動かせるルートマップ

 

ルート詳解

1. 日本一危険な動物園!? ノースサファリ札幌(冬期間中)

 

定山渓の入口には「日本一危険な動物園」として有名な「ノースサファリサッポロ」があります。

 

さまざまなメディアで「夏の様子」が取り上げられていますが、

冬場ってどうなの?という疑問とともに実際に行って動画を撮影してきました!

#2【冬のノースサファリ札幌】| 北海道ほぼ日帰りおっさん2人旅【ほぼ旅】

注意:冬期間の紹介をしてますので記事の内容が当てはまらない場合があります。             ”冬期間 2019年は3/31日まで”
 
http://www.north-safari.com/
 

2. 八剣山で定山渓の自然の恵みを満喫!ワイナリーで激ウマ調味料発見でおっさん歓喜!

八剣山エリアは、ノースサファリから温泉街へ行く手前にあり、

定山渓の自然の恵みを体感できるスポットです。

 

冬だったので、果樹園は閉園中でしたが、ワイナリーに立ち寄ってきました!

ワイナリーなのに、そこにはおっさんを魅了する”タレ”がありました。

↓↓

【定山渓】自然豊かな八剣山のワイナリーには実力派ワイン多数!おっさん歓喜の激ウマ調味料も発見!
八剣山(498m)は札幌から車で40分程度、温泉街で知られる定山渓の入口にあります。 周辺には、果樹園や乗馬体験ができる施設、パークゴルフ場 などもあり、 北海道の自然の恵みを気軽に体感できる穴場スポット...

周辺のスポットも紹介しています。お役立ていただけると幸いです。

3. いざ定山渓温泉街へ!

 

温泉旅館や宿泊施設については観光協会のサイトが一番まとまっています。

定山渓温泉の観光ナビ「定山渓観光協会公式サイト」札幌の湯の杜 定山渓温泉の湯、食、遊びを目一杯楽しむためのガイド。お得な最新情報からイベント情報が満載!
定山渓温泉の観光ナビ「定山渓観光協会公式サイト」札幌の湯の杜 定山渓温泉の湯、食、遊びを目一杯楽しむためのガイド。お得な最新情報からイベント情報が満載!

 

温泉旅館がひしめいています。

 

定山渓には大まかに3つの温泉エリアに分かれます。

・小金湯エリア

・定山渓エリア

・豊平峡エリア

 

それぞれについて、軽く個人的な感想を書いてみます。

小金湯エリア

 

ノースサファリからサッと入浴して帰るには小金湯エリアが手軽です。

(日帰りも22時までやっています。)

 

温泉街中心部に出向く手間がなく、さっと日帰り入浴に向いていると思います。

 

湯元旬の御宿まつの湯は、渓流を見ながら入浴できる露天風呂が魅力です。

湯元小金湯は、充実した施設や「貸切風呂」(要予約)もあるため日帰りでも十分くつろげます。

 

定山渓エリア

 

ここが、温泉街の本丸です。

多くの温泉や宿泊施設が立ち並び、激戦区となっています。

 

個人的(おっさん的)おすすめをいくつかご紹介するにとどめます。

 

定山渓第一寶亭留・翠山亭(じょうざんけいだいいちほてる・すいざんてい)

 

残念ながら、日帰り入浴は15時までとなっています。が

・モナカ屋さんが有名でうまい!

・館内の雰囲気がとてもよくて宿泊には一番おすすめ!

です。

 

坂の上の最中というモナカ屋さんが中にあり、

[公式]坂ノ上の最中
四季折々の美しい景色と豊かな自然に思いを馳せ、「坂ノ上の最中」は生まれました。

極上の和スイーツもなかを楽しめます。

 

宿泊に関しては、高級感あふれ趣のある館内は日々の現実を忘れさせてくれます。

一流シェフによるこだわりの料理も大満足です。

 

近くには「翠山窯」という陶芸工房もあり、旅の思い出に陶芸品を作ることができます。

 

ぬくもりの宿ふる川

 

ふる川さんは、大人のくつろぎがある温泉宿です。

 

どこか懐かしい日本的な原風景を思い起こす館内に心がなごみます。

 

私ごとですが、おっさんとなった今、自分の人生を見つめなおすことがよくあります。

そんなときに最高の「瞑想風呂」なるものが提供されています。

 

残念ながらお子様の入浴はNGになってしまいますが、

 

現実と切り離された温泉街で一人

「自分の内面と対話する時間」は人生にとって貴重な時間となります。

 

ふる川さんにはそんな空間づくりがあります。

 

2018/12/25に大浴場をリニューアルされ、これからますます充実していきますね。

 

豊平峡エリア

 

定山渓の温泉エリアの最深部といっていいでしょう。

ここには

豊平峡温泉という温泉が存在しています。

 

日帰り入浴のみで、宿泊施設はありませんが、

最深部なだけあって自然との距離がとても近く、

キャンプやスノーシュー、かまくら体験などの各種アクティビティも実施しています。

 

200名収容できるエリア最大級の露天風呂は

泉質もよく、夜にはライトアップされて広々くつろげます。

 

秘境的なより静かでくつろげるところが好みの方にはピッタリです。

 

料理はなんと「インドカレー」が名物で、

このカレー目当てで訪れるお客さんも多いとか。

 

「温泉×カレー」というパワーワードの掛け算でおっさん大満足の温泉です。

 

 

 

おっさんの個人的な好み紹介でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

旅のお役に立てれば幸いです。

良ければチャンネル登録もお願いします!

 

Please subscribe my channel.

コメント